ルームウェア・肌着・パジャマ・リラックスウェア・インナーウェアに最適。シルクのような肌触りのキモシ。全て国内生産です。

ContactShopping Cart

ルームウェア通販 癒しの肌触りキモシは全て国内生産の【加賀起毛糸】| キモシについて

歴史ある加賀に生まれた、たった一本の糸。 糸は夢へと導くように、人をつなぐように、重なり合い、絡み合い、奇跡の糸になりました。その糸のぬくもりは、限りなく優しく、どこまでもやわらかな、ひだまりのような心地よさを、あなたの肌に届けます。 軽やかにフィットして、そのぬくもりを包み込む。 シルクのような光沢で高級感を、羽毛のような感触で心地よさを。 たった一本の糸が生んだ、今までにないもうひとつの素肌。

 

2009年度 石川ブランド認定商品

繊維業者が自社ブランド化!他には無い着心地と肌触りは、『癒し』のウェア。

加賀起毛糸の自社ブランド『キモシ』

加賀起毛糸『キモシ』 加賀百万石の石川県は古くより繊維業が盛んな地域です。
歴史ある石川県加賀市で加賀起毛糸(かがきもうし)の『キモシ』が生まれました。
伝統技術を基に、何年も何年も試行錯誤を重ね、他社が真似のできない独自の製造方法を開発しました。
独自技術で一本一本の糸を細かく起毛させることにより、ポリエステル100%を使っているにもかかわらず、ポリエステル(合成繊維)特有のコシがほとんどなく、軽やかに素肌にフィットし、素肌を優しく包み込むシルクのような優しさを実現。

また、デザインは無地のスタンダードな飽きのこない形となっています。
国内自社生産の高品質レディースウェアですので、高級肌着・パジャマとして、お誕生日・結婚祝い・母の日のプレゼントや贈り物にも最適です。
インナーウェア・ルームウェア(部屋着)・パジャマとしてご使用頂けるだけでなく、ヨガウェアやストレッチウェアとしてもご使用頂けます。

加賀起毛糸の商品ラインナップは、優しくボディーラインにフィットする
タイプの『キモシ』と、ゆったりとした着心地の『キモシ?ゆるり?』の2タイプをご用意しております。
ご使用の用途に合わせてお選び下さい。

最大の特徴は、他には無い優しい『肌触り』

見た目には分かり辛いですが、拡大してみると日本製ならではとも言える、匠の技術が施されています。
『キモシ』の特徴でもある『起毛(きもう)技術』。
本来、繊維は細い糸を数本束ねて撚り(より)とういう、ねじれに似たような加工を施し、強度・伸縮性に長けた糸ができあがります。
加賀起毛糸の『キモシ』は、その撚りをかける過程で、何年もかけて研究した特殊技術を使い、細い糸をさらに細かく毛羽立たせ、起毛させる事に成功しました。

そして、起毛させた繊維をニット編みで編み上げる事により通気性に優れていながら、保温・保湿に優れ、さらに伸縮性に優れている生地となりました。
ニット編み(鎖型の編み方)はセーターなどによく使われる製法ですが、複雑な編み方の工程上、大きな編み方となってしまう事がデメリットでした。
『キモシ』の編み方は、熟練した高度な技術を持った技術者により、安定した極小のニット編みを成功させたのです。

『起毛』技術とニット編みとの融合で仕上がった生地は、他社には真似のできないシルクのような優しい肌触りと上品な光沢感が生まれたのです。
起毛技術で生地と肌との間に空気の層ができるため、保温・保湿効果に優れており、洗濯後も早く乾きます。

さらに国内でもハイレベルな織り・染色・縫製技術で製造しているので、毎日着用されても、型崩れしにくく、毛玉になりにくいので、長期にわたりお使い頂けます。

墨:70倍 栗:150倍

肌触りの良さを追求し、最高品質を求めるが故、ネットだけの直販化

当社の製品は全て日本国内にて生産しています。
それは全ての製造行程において高い技術が要求されるからです。
糸加工から始まり、織り・染色・縫製を、熟練された国内でもハイレベルな『匠(たくみ)』の技を使って妥協のない製品に仕上がるのです。

残念ながら、国内のハイレベルな技術を用いると、どうしてもコスト面で高額になってしまします。
『キモシ』も言うまでもなく、高品質を求める余り、原価率が高くなっています。
従来の商品流通ですと、商社を経由し、小売店に並ぶ時には、かなり高価な価格となってしまい、なかなか消費者の方が手のでない価格となってしまします。

手にとって愛用して頂き、ご満足して頂けることが当社の願いですので、利益を最小限に抑える事で商社を通さず、地道にインターネットを使って直販のみの販売方式をとっております。

是非この機会に『キモシ』をご体感頂けますようお願い申し上げます。

縫製技術

仕上がった生地は肌触り・光沢共に申し分のない製品ですが、この生地を使い、各アイテム別に製品に仕上げる縫製作業でも高度な技術力が求められます。
よく手にするポリエステル衣料品は、合成繊維特有の硬いコシがあるので比較的に縫製は楽な方だと言えます。
綿製品もポリエステル製品から比べてコシがなく柔らかいですが、それほど高度な技術は要求されません。

こと『キモシ』に関しては、綿製品の何倍もコシが弱いので高度な技術力が必要とされます。
それはまるで、ティッシュペーパーにミシンをかけるが如く、縫製職人の技術力・集中力が必要なのです。
国内でも指折りの縫製技術者が『キモシ』を製品化に導いてくれました。
時間とコストと技術力が大いに求められる、言わば『技術者泣かせの生地』とも言えるのです。

拡大図

JAPANブランド『キモシ』

沢山の匠の技術の結晶が加賀起毛糸の『キモシ』です。
『キモシ』を手にし、その肌触りを体感された方は、必ずといっても良いほど驚きと笑顔がこぼれます。
技術者冥利に尽きる瞬間であると、開発者は語ります。

最初は社内だけで細々と開発していた製品が、少しずつ地域の方々に認められ現在では石川県の『石川ブランド』としても認定されました。
それだけでは止まらず、『キモシ』は世界でも認められる製品となりました。

海外の一流ブランドの目利きのバイヤーも、その生地の特製にはあっと言わせる『キモシ』。
もしかしたら近い将来、一流ブランドの生地として『キモシ』は使われている事でしょう。

『キモシ』はもはや、『JAPANブランド』と言っても過言ではない位の糸と成長したのであります。

『本物』だからこそ、その手で実感して下さい

現代社会では溢れるほどの衣類が流通しています。
その中でも国内生産で技術者の血の通った数少ない『本物』を是非、体感して下さい。

ご愛用者様からのコメント。